グリーンプラス(京都府向日市) スタッフブログページ
向日市を中心とした京都府のエクステリア&ガーデン設計施工は私たちにお任せください。

  • ホーム
  • スタッフブログ
  • <   2019-05   >
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    今日のグリーンプラスウッドデッキ現場リポート料金についてお知らせ保証についてブ前ご質問にお答えします!【Q&Aコーナー】ご契約について山口佳久についてプライベート植物について求人募集営業時間お店紹ビスの違い耐久性腐食穏やかでよい時令和新時代GW休業
    おはようございます。
    前回の台風21号で倉庫の屋根が飛んでいっった(笑)
    京都の造園店、グリーンプラスの山口でございます。
    いつもありがとうございます。

    前回の台風21号に引き続き、今回も台風24号が
    近付こうとしております。
    今朝は嵐も前の静けさ的な朝で、雨も上がり
    かなり静かな日曜日・・・なんだか気持ちが落ち着きませんね。

    前回の台風では、本当に沢山のお客様が被害に遭われており
    僕個人的にも驚いています。


    ClipboardImage
    ClipboardImage
    ClipboardImage

    上記の写真はほんの一部ですが
    そこでまず・・・台風などの災害で一番最初に確認してもらいたいことは
    生存の安否は当然ですが・・・・
    建物を建築、もしくは購入された時に入られている

    「火災保険」

    を御確認してください。
    そして被害の範囲をしっかりご確認して上で、写真などの保管もされた方がいいです。
    僕のところにお電話される前にね(笑)

    被害に遭われて「すぐにどうにかしないと・・・」
    というお気持ちはわかりますが、まず最初にご確認と記録と御連絡をしていただくのは
    保険会社に被害報告が先です。

    お客様に「火災保険を先ずはご確認ください」とご説明すると
    「火災じゃ無いのに使えるのですか?」
    という回答が本当に多いです。

    火災保険というのは、「火災」「災害」のための保険です。
    別途「地震保険」につきましては、また次回ご説明させて頂きますね。

    保険会社さんに違いはありますが、被害が〇〇円以上じゃないと
    使えないってのが多いのですが、記録を残しておく事は本当に大切です。
    保健適用、不適用はそのあとのお話になりますからね。

    例えば、木が倒れてフェンスが壊れてしまったり、建物や隣地に被害がでてしまったり
    ブロック塀が倒れてしまったり、カーポートが飛んで行ってしまったり
    そんな場合に使えるのが火災保険です。
    詳しくは、ご自分が加入されている保険会社さんにご確認くださいね。


    ClipboardImage

    僕のところで一番被害が大きかったのが
    屋根が飛んで行って、裏の月極駐車場の車6台がほぼ全損。。。
    車をことごとく大破させて上に、その奥の家の窓に突き刺さるという。。。
    本当に自然の力はとんでもないです。

    この後・・・また来るのかと思ったら恐怖でしかないのですが
    前回の教訓もありますので、出来るだけの準備は僕は済ませました。
    もし、家の周りに何か置かれていたり、立てかけられていたり
    構造物は仕方ないものの、ロープで引っ張る事が出来るものなど
    万全の対策をして、安全な場所で嵐が通り過ぎるのを待つしかないです。

    もちろん停電や水、食料の確保もしておくことに越した事がないので
    この静けさの間に準備される方が良いかと思います。

    皆様がご無事で被害が無いことを本当に心からお祈り致します。
    それでは、また・・・・・。


    おはようございます。
    グリーンプラスの山口でございます。
    いつもご覧いただきまして、ありがとうございます!!

    時間が経つのって本当に早いですね。
    今日が1月15日。。。
    今年も残り350日となりました(笑)

    いやぁ〜〜〜忙しすぎて・・・キャパ・・・超えそう・・・(笑)

    昨日は、F様・O様・H様。。。。
    お打合せありがとうございました。
    そしてT様、現場調査ありがとうございました。
    図面やお見積書やご契約書が出来上がりましたら、ご連絡させて頂きますね。
    あっ、向日市のO様・・・お問い合わせありがとうございました。
    21日(日)現場調査にお伺いさせて頂きますね〜〜♪


    外構やお庭の工事に保障ってあるのですか?

    さて、今日はお客様からの何気ないご質問です。
    僕達のお店は、外構工事やお庭の工事、剪定作業などで
    ご契約書やご注文書を交わさせて頂いております。


    ClipboardImage

    今日はそのご契約書の中の保障について少し触れてみますね。
    外構工事やお庭の工事に中でお作りさせて頂いている構造物やエクステリア商品。。。

    僕達のお店は、基本的にお引き渡しをさせて頂いてから18か月の
    保障をつけさせていただいております。

    カーポートやテラス、フェンスや機能ポール・ウッドデッキなどなど・・・
    エクステリア商品につきましては、メーカー保証が12ヶ月ですが
    残りの6ヶ月は僕達のお店の保障となっております。

    構造物と言うのは、門柱やブロック塀、コンクリートやタイル、レンガなどなど・・・
    塀が傾いたり、コンクリートが割れたり・・・と
    著しく損傷した場合「当店で直させていただきますよ」って保障となっております。

    お家の外の事なので、雨風や振動・小さな地震や紫外線による経年劣化など・・・
    人的被害や動物などの損傷は別として
    18か月の保障が付いているんですよね。

    お庭や外構工事の不具合で、一番問題になるのが道路を通る「車」
    僕個人的にはこの問題が一番の要因だと思っていますね。
    お家の前や横を車が通ることによっての、振動や騒音。。。
    例えば、大きな音のする車なんか通ったら、窓や壁などが震えたりしますよね?
    もちろん、車自体が通る事によって車重での地面からの振動もあります。
    僕はそれが構造物が傷む要因だと、経験上感じています。

    そして、建物の沈下や揺れ。。。
    いくら地盤改良をしようが、所詮・・・地面に載っているだけの建物。
    自重での微妙な沈下なんて当たり前ですからね。
    基礎や木材、外壁や屋根やその他もろもろで「総重量何トンあんねん」って感じです(笑)

    僕達がお造りする外構工事やお庭の工事って「ミリ単位」のお仕事です。
    僕達がいくら正確に作業しても、建物が5ミリ沈下したり揺れたりしたら
    ミリで合わせた構造物に支障が出るのは当たり前(笑)
    それも含んでの18か月間の保障となっているんですよね〜〜。

    これは余談ですが、僕がこのお仕事に就いてからNO,1だったのが
    建物が5cm沈んだってのもありましたね〜〜
    その物件は高台の低い方に建っていて2階が玄関だったのですが
    建物が沈んじゃって・・・「玄関ドア・・・開かへんやん!!!」(笑)
    お客様からしたら笑い事では済みませんが、造成の埋戻しで
    その不動産屋さん・・・・ゴミ・・・入れ過ぎ・・・(笑)
    ほんと・・・あの不動産屋と土建屋・・・エグかったのを今でも覚えています(笑)
    掘ったら産廃だらけでしたからね・・・(爆ーーーーーーー!!!)
    お気を付け下さいませ(笑)

    最後に植木の保障ですが、僕達が新規で植えさせていただいたものに関しては
    12ヶ月、要は一年間の枯れ保障が付いております。
    お客様側の水やりなどの管理不足は保証対象外です。
    植木の移植に関しましては、保証対象外。。。
    生き物ですので保証が付いている方がおかしいと僕個人的には思っていますが
    12ヶ月の保障となっております。

    まぁ〜〜これは契約書上での保障。。。
    今日はお客様からの「保障について」ご質問からの内容ですが
    僕の思入れいっぱいの物件に関しては僕の「男気保障」ってのも
    たまには出てきます(笑)
    これ・・・無期限ね・・・・(笑)

    さぁ〜〜〜今日もバリバリがんばるかぁーーーー!!!!
    Y様・・・今日も宜しくお願い致します。

    それでは、また・・・・・。。。


    ≪前のページへ || 1 || 次のページへ≫
    昇順表示 | 降順表示
  • ホーム
  • スタッフブログ
  • 〒617-0002
    京都府向日市寺戸町大牧14-27
    TEL:075-924-0280
    FAX:075-924-0270