グリーンプラス(京都府向日市) スタッフブログページ
向日市を中心とした京都府のエクステリア&ガーデン設計施工は私たちにお任せください。

  • ホーム
  • スタッフブログ
  • <   2019-09   >
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    今日のグリーンプラスウッドデッキ現場リポートグリーンプラス料金についてお知らせブ前外構工事京都保証について施工例ご質問にお答えします!【Q&Aコーナー】ご契約について山口佳久についてプライベート植物について求人募集営業時間お店紹ビスの違い耐久性腐食穏やかでよい時令和新時代GW休業着工プライバシー実用性お艇宗ウッドデッキ廿尅風台風艇宗剪定夏季休暇バイクお盆休み造園スケートボードお花屋さん店舗
    関連画像
    こんにちは!!
    京都の造園店、グリーンプラスの山口です。
    いつもありがとうございます。

    今日はお知らせです。
    明日、5/3〜5/6までGW休業とさせていただきます。
    5/7より通常営業となりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

    それでは皆様、素敵なGWを・・・・
    関連画像
    こんにちは!
    京都の造園店、グリーンプラスの山口です。
    いつもありがとうございます。

    さて先日、ウッドデッキの修繕と剪定作業のご依頼をいただきましたN様邸。
    以前にも剪定時にウッドデッキを部分修繕させていただき
    今回は「もう限界でしょう・・・」ということで部分解体をさせていただきました。

    ウッドデッキ自体は建築時に取付されたそうなのですが、年数が経ち床がバタバタしていたので以前に僕が修繕しておきました。

    それが・・・約6年前・・・

    今回ウッドデッキをバラしてみて大きな差があったのが「ビス」です。
    写真の通りですが、鉄のビスと僕たちがいつも使用しているステンレスのビスには
    ここまで違いがあるんですよね〜。
    プロだったら外なんだからステンレスビスくらい使っとけよ!って心の中で思っています(笑)

    木が腐食していく過程には木を固定しているビスも関係しています。
    サビが出たり、ビスが折れたりと腐食したり固定に影響が出るとウッドデッキ自体の耐久性は悪くなります。

    外構やウッドデッキは当然のことながら、雨風にさらされている状態なので
    こういった細かなところにも気を使いたいものですよね。

    今日はそんなちょっとした「ビス」のお話でした。

    それでは、また・・・・

    こんにちは!
    京都の造園店 グリーンプラスの山口でございます。

    新年あけましておめでとうございます。
    旧年中は沢山のお客様のご支持で2019年を迎えることが
    できました。
    本当に心から感謝致しております。
    本年もどうぞよろしくお願い致します。

    まず。。。2018年にご依頼頂いているすべてお客様宅にお伺いすることは
    できなかったことを心から申し訳なく思っております。
    このブログも更新頻度が大きく低下しているのは事実。。。。。。です。
    地震や台風の影響で大きく作業予定が遅れたのもありましたが
    本当にとっても忙しかった。。。
    もう。。。どうしようもない位に。。。ね(笑)

    さて、2019年はグリーンプラスにとって大きな節目にもなる準備を
    現在進めております。
    媒体は少し変わるかと思いますが、もっともっとお客様に伝わるように
    発信にも力を入れていこうと思います。


    ClipboardImage

    僕たちの会社は小さな小さな会社です。
    まったく大きくしようという気は現在ございません。
    僕はお客様の近くで、お客様が見える毎日がとっても幸せで
    僕自身の器を考えても、そのほうがいいと思っています。

    自分たちが提案させていただいたものを自分たちがお作りに行くという
    スタイルはやっぱり崩したくないし、それがお客様にとっての安心になってもらえると
    嬉しいですね。
    そして。。。そんなお客様に来ていただきたいですね。。。


    ClipboardImage

    グリーンプラスは今のところ2019年は4つのアップグレートを
    予定しています。
    今のところね。。。。(笑)
    そのほとんどは第一四半期に形はできることでしょう。

    うん。。。がんばる。。。(笑)

    ですが、やることは変わらず、いつもお客様の傍で
    2019年も精一杯楽しんでいきたいと思います。
    本年もどうぞよろしくお願い致します。

    それでは、また。。。。


    おはようございます。
    前回の台風21号で倉庫の屋根が飛んでいっった(笑)
    京都の造園店、グリーンプラスの山口でございます。
    いつもありがとうございます。

    前回の台風21号に引き続き、今回も台風24号が
    近付こうとしております。
    今朝は嵐も前の静けさ的な朝で、雨も上がり
    かなり静かな日曜日・・・なんだか気持ちが落ち着きませんね。

    前回の台風では、本当に沢山のお客様が被害に遭われており
    僕個人的にも驚いています。


    ClipboardImage
    ClipboardImage
    ClipboardImage

    上記の写真はほんの一部ですが
    そこでまず・・・台風などの災害で一番最初に確認してもらいたいことは
    生存の安否は当然ですが・・・・
    建物を建築、もしくは購入された時に入られている

    「火災保険」

    を御確認してください。
    そして被害の範囲をしっかりご確認して上で、写真などの保管もされた方がいいです。
    僕のところにお電話される前にね(笑)

    被害に遭われて「すぐにどうにかしないと・・・」
    というお気持ちはわかりますが、まず最初にご確認と記録と御連絡をしていただくのは
    保険会社に被害報告が先です。

    お客様に「火災保険を先ずはご確認ください」とご説明すると
    「火災じゃ無いのに使えるのですか?」
    という回答が本当に多いです。

    火災保険というのは、「火災」「災害」のための保険です。
    別途「地震保険」につきましては、また次回ご説明させて頂きますね。

    保険会社さんに違いはありますが、被害が〇〇円以上じゃないと
    使えないってのが多いのですが、記録を残しておく事は本当に大切です。
    保健適用、不適用はそのあとのお話になりますからね。

    例えば、木が倒れてフェンスが壊れてしまったり、建物や隣地に被害がでてしまったり
    ブロック塀が倒れてしまったり、カーポートが飛んで行ってしまったり
    そんな場合に使えるのが火災保険です。
    詳しくは、ご自分が加入されている保険会社さんにご確認くださいね。


    ClipboardImage

    僕のところで一番被害が大きかったのが
    屋根が飛んで行って、裏の月極駐車場の車6台がほぼ全損。。。
    車をことごとく大破させて上に、その奥の家の窓に突き刺さるという。。。
    本当に自然の力はとんでもないです。

    この後・・・また来るのかと思ったら恐怖でしかないのですが
    前回の教訓もありますので、出来るだけの準備は僕は済ませました。
    もし、家の周りに何か置かれていたり、立てかけられていたり
    構造物は仕方ないものの、ロープで引っ張る事が出来るものなど
    万全の対策をして、安全な場所で嵐が通り過ぎるのを待つしかないです。

    もちろん停電や水、食料の確保もしておくことに越した事がないので
    この静けさの間に準備される方が良いかと思います。

    皆様がご無事で被害が無いことを本当に心からお祈り致します。
    それでは、また・・・・・。


    こんにちは!!!
    京都の造園店、グリーンプラス山口でございます。
    毎日をありがとうございます。

    おかげ様で忙しい毎日を送っております。
    お盆明けからバタバタとご契約が続き・・・本当にありがとうございます。
    残暑厳しい八月の終わりですが、皆様お身体ご自愛くださいませ。

    さてさて、先日のウッドデッキ工事の続きのお話。。。

    今回のK様邸ですが、以前は2階建てのウッドデッキが組まれていました。
    高低差のある敷地をフルに生かした、本当に素晴らしいウッドデッキでしたが。。。

    残念なことにソフトウッド(耐久年数が短い、柔らかい木材)を使われて
    おられたので、ところどころ補修はされておられましたが
    腐食がひどくて、ウッドデッキの上に乗るのも危険なところも
    あったくらいです。

    そんな素晴らしいウッドデッキでしたが、前回のブログでお伝えさせて
    頂いた通り。。。見事に解体させていただきました。


    ウッドデッキは組み合わせることも可能

    ではでは今回、僕がご提案させていただいたウッドデッキですが
    今回は2階のみのウッドデッキ。。。。


    ClipboardImage

    高低差のことを考えると、土台となる部分はしっかりと作っておきたい。。。
    鉄骨で計算はしたものの・・・・コスト掛かりすぎ!!!
    しかも施工場所が困難すぎて、重量物はかなり厳しかったのが現実です。

    今回のウッドデッキのコンセプトは


    長く、キレイに、手間暇かからず、プライバシーを守る

    が、お客様のコンセプトというより・・・僕のコンセプト(笑)

    しっかりとした土台に、既製品のウッドデッキを組み合わせた
    僕にとっても初めてのウッドデッキの制作でした。

    既製品のウッドデッキは、土台がアルミなのですが
    今回は高さがありすぎるのと、面積が大きすぎて
    「アルミではもたないんじゃないかなぁ〜〜」ってことに・・・・
    アルミは軽くていいのですが、揺れの問題であったり、柱の本数が
    増えすぎるので却下・・・・。


    ClipboardImage

    そこでハードウッドを使った土台をご提案させていただきました。
    その中でも足元をしっかりと固定するためと、材木から出るアクの問題。。。
    万が一の腐食を食い止めるための工夫がコレです。


    ClipboardImage

    根本的に擁壁の上に載っているだけのウッドデッキを
    より強度がでて、長持ちさせるのにはどうしたらいいだろう。。。
    と考えて出た答えが僕の中でこれでした。

    ステンレス製の柱受け金物。。。

    鉄でも特注で作ってもらうことは可能なのですが
    鉄だと塗装もしなくちゃいけなくって、それでもサビてきます。
    あとはコストが「鉄+塗装」となるとぜんぜんコストダウンできないし
    鉄はまた塗装してあげないといけないからね。。。


    さらに敷地を有効に活用するために・・・

    実は今回のK様邸の敷地は擁壁からさらに60cmほど外に
    境界の明示ピンがあります。
    要は擁壁までしか使わなかったら、残りの5屬らいは
    永遠に使われることのない敷地。。。

    そこで今回のウッドデッキは「オーバーハング」といって
    使える敷地よりせり出したウッドデッキに・・・・


    ClipboardImage

    うん・・・うん・・・・苦労した・・・(笑)

    方杖(ほうづえ)っていって、せり出した部分の強度を
    上げるために取り付けましたが・・・・なんか・・・かっこよくなった(笑)

    上の写真の通り、木製の土台にアルミ制の大引きが載っています。
    先ほどもお伝えしたように、既製品のウッドデッキは土台がアルミ製です。
    アルミはとにかく軽いので、土台への負荷も減るはず・・・・ハズ・・・

    大引きに根太、床材と・・・手すり・・・これをハードウッドの木材でやっていたら
    恐らく総重量、3トン近くはなってくるので
    軽量化も考えると、これでよかったと思っております。
    あと、メンテナンスのことも考えたらね。。。。

    さてさて、この続きはまた次回・・・・
    賛否両論はありますが・・・いい感じに仕上がってきています。。。

    それでは、また・・・・・。


    こんにちは!!!
    京都の造園店、グリーンプラスの山口でございます。
    毎日をありがとうございます。

    いやぁ〜〜〜久々の投稿ですね。。。
    サボりすぎ・・・(笑)
    暑いし・・・忙しかった・・・と言い訳をしながら・・・・
    お盆休みはガッツリと子供達と遊んでましたしね・・・
    あぁ〜〜〜楽しかったです(笑)


    この仕事を25年やっていて初めてのウッドデッキだった

    ホームページからお問い合わせを頂戴したお客様宅なのですが
    「ウッドデッキをやり替えたいんですが・・・」とお問い合わせを頂戴致しました。
    現場を拝見させていただくと、今まで見たこともないウッドデッキが・・・・


    ClipboardImage

    これが二階部分の状況ね


    ClipboardImage
    そしてこっちが一階部分の状況

    なんと2階建てのウッドデッキ。。。
    デッキ内に階段が付いていて一階にも降りれる。
    一般住宅では初めて見ましたね。
    高低差を活かした、素晴らしい提案だと僕個人的には思いました。

    だけどね・・・使っている木が・・・ザンネン。。。
    仕事を見せていただいたら大工さんの仕事。
    まぁ〜〜〜この当時で大工さんなら仕方ないかぁ〜〜って感じです。

    もう・・・アチラコチラ腐っていて
    補修を沢山、施してありましたが限界に近い感じでしたね。
    そして高低差もあるから、万が一があれば怪我では済みません。
    デッキ床から擁壁の下まで約6m・・・・僕も怖い(笑)

    そんなこんなで何度かお打ち合わせをさせていただいて、お仕事をさせていただきました。
    まずは・・・解体。。。

    実はここお家の裏庭だから・・・もう・・・解体の木材を出すのがホント大変。

    そして・・・・・・

    暑い!!!!

    さらに・・・・・・

    高い!!!!!
    怖い!!!!!


    ClipboardImage

    落ちたら・・・死ぬな・・・・コレ。。。
    しかも腐ってるし・・・・(笑)

    正直・・・・足場・・・・みといたら良かったかと・・・・
    お客様のご負担が増えるので・・・・削除したんでした。。。。僕が。。。。(笑)

    まぁ〜〜〜そんな中でも事故もなくスッキリ撤去。。。
    ほんと・・・良かったぁ〜〜。


    ClipboardImage
    ClipboardImage

    さぁ〜〜〜これからどうなっていくんでしょうね。
    この続きは次回の記事で・・・・

    それでは、また・・・・・。


    こんにちは!!
    京都の造園店、グリーンプラスの山口でございます。
    いつもご覧頂きましてありがとうございます。

    7月に入って1週間ほど経ちますが・・・・・
    ほとんど雨やないかい!!!

    仕事をさせてほしいんじゃ??
    作業がしたいんじゃ???
    後がドンドン詰まってくるんじゃ??(笑)

    まぁ???お天道様にイラついてもしかたないので
    今日もゴキゲンに過ごしております。


    外構工事スタッフ・剪定スタッフを募集中!!!

    さてさて、現在グリーンプラスでは現場staffを募集しております。

    現場スタッフと言うのは、簡単に言うと「モノづくり」です。
    僕達は商品というものを持っていないので、現場でモノづくりします。
    それが仕事でもあり、納品でもあります。


    ClipboardImage

    勤務地はというと・・・

    京都市南区久世殿城町61-15

    休日はというと・・・・

    日曜日・祭日などなど・・・

    保険や労災などはというと・・・

    社会保険・厚生年金・労災・民間労災・退職金積立・・・・
    などなどがあります。

    残業などはありますか?というと・・・

    ありません。。。早く帰ることはある。。。

    どのくらい稼げるの?かというと・・・

    25万円?45万円くらい・・・能力や生産性によりますが
    僕はお金にアグレッシブな努力家さんが大好きです。

    通勤手段は?というと・・・・

    車・バイク・電車・自転車・・・
    飛行機は不可・・・(笑)



    まぁ???そんなところが一般社会でいうお約束の内容ですかね。。。

    実際にはお話してみないと何とも言えませんが
    あなたの生活や家族、財務状況、環境などなど・・・
    会って話してみないと僕としてもどうしてあげる事ができません。

    仕事は楽しむものです。
    だけど多くの人が、その意味を理解していないのが現実です。

    だから「仕事はやらされる」ような人は必要としていません。
    色んな意味で絶対に豊になれないからです。

    自分の手で、自分の頭で、自分自身の行動力で
    道を切り開いていこうという人と一緒に将来を作り上げていきたいです。

    だから上記に書いた条件だけでは
    会社も僕も、そしてあなたも判断出来ないと僕は思っているので
    とりあえず話してみて、やってみてほしいです。

    求人募集って文章にするのって難しいので
    まずはお気軽にお電話いただけると嬉しいです。

    TEL 075-924-0280

    今日はそんな求人募集でした。

    それでは、また・・・・・。


    こんにちは!!!
    京都の造園店、グリーンプラスの山口でございます。
    いつもご覧いただきまして、ありがとうございます!!

    今日はどうでもいい内容の記事です。
    お付き合いいただければ。。。幸いです(笑)

    今日は6月29日。。。
    「あぁ〜〜2018年も半分終わったな〜〜〜」っと
    多くの焦りと少しの満足感と少し向上した自分を振り返っています。
    何が良くて、何が悪いってことは結果を見てみない限りわかりませんが
    僕はプロセスの中に自分が向上する為の「楽しい」が
    いっぱい詰まっています。

    逆に言ったら「イヤな事はしない」(笑)

    イヤな事はしない、言わない、人の責任にはしない、かかわらない。
    イヤな仕事は引き受けない。
    イヤな人とは付き合わない。
    イヤなお客様は断る(笑)

    すっごーーーーーーく、ワガママに聞こえますが
    毎日を穏やかに気持ちよく過ごせるための僕なりの基準です。

    先日、少しオモシロイ記事を読ませていただきました。

    これから給料が「下がる仕事」「上がる仕事」全210職種

    週間現代さんの記事でしたが
    こういうのって、興味深々で見てしまいますよね(笑)

    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/55996

    なんと!!!一位は「歯科医師」
    お、お、おめでとうございます(笑)


    ClipboardImage

    昨日もきてくれていましたが、週一くらいできてくれる税理士さん。。。
    見事に3位www

    まぁ〜〜〜どうでもいい内容ですが
    我らが造園業も47位でランクインしております(笑)


    ClipboardImage

    これを見られた方はお気づきかもしれませんが・・・・

    建築関係・・・・多ぉ−−−−−−−−−!!!!

    世間で言う。。。オワコンですかね。。。。(笑)

    この記事以外でも言われておりますが
    かなり建築関係や不動産関係が警戒されています。
    僕個人的にもそう思っています。

    需要と供給を考えると、数年前から過熱しているとは思っていましたが
    現在の労働者の状況を見ている限り、あまり明るい未来がないと
    僕個人的には見ています。
    特に新築はね。。。。
    不動産投資なんてもってのほか(笑)
    マジでオワコンになっちゃいます。。。

    ですから、僕個人的には3〜4年は住宅購入を様子見したほうが
    良いと思っています。
    てか、端から住宅ローン否定派なので銀行での借り換えができる人は
    今のうちにやっておくほうが良いかもしれませんね。
    金利が安いうちにね。。。

    それにしても日米間の金利差。。。開き過ぎやろぉ〜〜〜!!!
    世界各国利上げに踏み切りそうな姿勢なので日本も消費税増税までは
    おとなしく?していると思いますが
    それ以降はどうなることやら。。。。
    その前に。。。銀行がどうなることやら。。。。(笑)

    2018年。。。日本の税収は伸びていますが
    これって投資市場参加者から巻き上げたんじゃない?(笑)
    規制を入れずに、煽って煽って上げに上げまくって
    一気に落とすwww
    たくさんの人がネギ背負って参入し、みんな狩られてるwww
    おぉ〜〜〜コワっ

    人生の選択は自由だし、そんな職業につこうが
    どんな投資をしようが、どんな生き方をしようが。。。
    過熱したほうが負け。。。
    いかに冷静に全体を見渡せるかですね。
    う〜〜〜〜ん、恋愛ににているかも。。。。(笑)

    今日はなんかよくわからないことをグダグダと書いてしまいましたが
    結構、僕こういうの好きなんですよね。
    心理ゲームみたいでね。

    それでは、また。。。。。


    こんにちは!!
    京都の造園店、グリーンプラスの山口でございます。
    いつもご覧いただきましてありがとうございます。


    基準はあって無いようなものだけど、僕達の経験が基準かもしれない。。。

    さて、先日の大阪の地震の後のブログを見られたお客様から
    早速、お問い合わせを頂戴いたしました。

    僕はお問い合わせが欲しいから、このブログを書いているわけじゃないですが
    こうやって、少しでもお客様のご安心につながれば本当に幸いですし
    少しでも「これから家を建てよう」「これから外構工事したいな」
    「これからお庭のリフォームを考えたいな」ってお客様に
    一つでもお役に立てたらと思って書いております。

    まぁ〜〜リンク対策や拡散をやってないので、閲覧数は知れているんですが(笑)
    僕達のHPをご覧いただいたお客様に見てもらえたら嬉しです。

    お問い合わせ内容: 3年ほど前に外構でお世話になりました。
    道路に面した擁壁の上にブロックを積んで、塗装仕上げをして頂いた部分について、確認のため、質問です。
    ブロックの中にそれを支える鉄の骨組み?はどのあたりまで入っているのでしょうか?
    また、先日の大阪北部の地震で、高槻市の小学校の件で建築基準法に違反しているという話がありましたが
    うちの場合、それには当てはまらないのかと強度や安全性は何年くらいは大丈夫なのか教えて下さい。
    見た目は、特に何も問題ないです。
    よろしくお願い致します。

    と。。。N様からのご質問でしたが。。。。
    これってね、自分たちでお作りさせて頂いているから
    分かることなんですよね。

    ほとんどの業者さんは、仕事をとっては下請けに流します。
    僕達の業界はまぁまぁ・・・これが常識。。。
    僕達みたいに、自分たちで提案し、作成し、メンテナンスや管理をしている
    業者は本当に数少ない。。。

    ん?なんでか分かりますか???

    はい。。。効率が悪いんです(笑)

    営業さん一人が、月に二件、三件、四件と契約をして
    下請けさんが施工する。。。
    はい。。。コレの方が売り上げが伸びる(笑)
    誰が考えても分かることです。

    だけどね、いくら売り上げが伸びったってその施工内容までは
    分からなんですよね。

    業者さんで「基準」ってものを作っているかもしれないけど
    ぶっちゃけ!!!
    その通りに施工している下請けさんなんていない(笑)
    これは大きなハウスメーカーさんでも同じことです。

    「そんなことないですよ、施工写真残ってますから・・・」

    ってお客様がたまにいますが、僕が知っている限り「部分写真」を
    提出している業者が大半です(笑)
    全ての業者さんがそうかというと・・・・そうじゃないんですが・・・・
    まぁ〜〜〜当たりはずれってってのもあるかもしれませんね(笑)

    でも、なんでこんなことが起きるかというと
    「安価で施工しているから」です。
    まともにやっていたら、職人さんの日当すら危うい。。。
    だから、僕はメーカーさんの下請けってしないんですよね。。。

    おぉーーーーーーだいぶ・・・脱線してしまった・・・・(笑)


    ClipboardImage
    上記のお客様の質問内容ですが
    要は、高槻市で起きたブロック倒壊の現場に似ている構造で

    いったいどんな施工したのか?
    いったいどれくらいの強度があるのか?
    いったいどれくらいの耐久年数があるのか?
    そして・・・うちは大丈夫なのか?

    直訳するとこうなる(笑)

    これって、自分たちで施工しているからお応えできること。。。

    鉄筋ピッチは40cmピッチで横筋といわれる補強鉄筋はブロック2段おきに
    縦横結束した状態でモルタルが充填されている。
    塗装に関しては、紫外線の当たり方や状況によって変わりますが
    塗装としての役割は平均5年くらいで、そののちブロックが雨水を吸い
    鉄筋の腐食につながる可能性はあります。
    それでもご不安なら、さらなる控えブロックや強度を増すようなご提案も
    できますよ。。。
    って言うのを翌日お電話で話した内容(笑)

    僕はこれが「当社の強み」とか「価値」なんてはいいませんが
    こうやってお客様に近い位置で居たいのは確かです。

    どれがいい。。。
    なにがいい。。。
    どうしたらいい。。。

    なんて答えは、僕は常になし、変化するものだと思っていますし
    一軒一軒、状況も環境も違う訳です。
    だからこそ、自分たちでお作りしていることがご安心につながればと思っております。

    今日は脱線ありアリでしたが
    手抜き業者さんがこのブログを見ていないことを祈ります(笑)
    ちゃんとやってる業者さん。。。。ごめんね。。。

    それでは、また・・・・・。


    こんにちは!!!
    京都の造園店、グリーンプラスの山口でございます。
    いつもご覧いただきありがとうございます。


    痛ましい事故が起こったのは業者の意識の問題

    先日の18日、大阪府北部を中心に大きな被害を出した地震ですが
    プールの壁の倒壊で亡くなられた事故が頭から離れません。


    ClipboardImage

    なんで・・・こんなことが起こるのか・・・・
    僕は不思議で仕方ありません。
    しかも安全の確保が第一優先の学校で・・・・
    本当にずさんな提案や施工をやっているなぁ〜と
    同じ年頃の娘を持つ僕としては
    亡くなられた女の子のことを考えると悲しくなってきます。

    僕は日ごろ、お客様に口が酸っぱくなるほど・・・

    「ブロックはそんなに高く積んではだめですよ!」
    「控え壁を設けましょう!」
    「L型かコの字型にしませんか?」

    ブロックのご提案をさせてもらう時には、必ずと言っていいほど
    このお話をしています。


    ClipboardImage

    お客様の許可を取っていないので、イメージ図面になりますが
    このお宅は、あのプールの壁と同じような構造の
    僕の言葉で言うと・・・「二層構造」です。

    擁壁(ようへき)という壁の上にブロックを積むわけですが
    これは本当に危ないです。

    差し筋アンカーもしくはケミカルアンカーなどを使って
    鉄筋を擁壁側に固定するのですが、簡単に言えば
    本を机の上に立てた状態で置いているようなものです。

    そんなの・・・なんかあれば揺れまくるんですよ!!!

    だから「控え壁(補助壁)」もしくは「L型構造」「コの字型構造」に
    しませんか?
    と、僕とお打合せをしたお客様は皆さん聞いていると思います。


    ClipboardImage

    じゃあ、なんでブロックを高く積むの?
    フェンスでいいじゃん???

    って思われる方もおられるかもしれませんが
    要は「ブロックを積む方が安く済むんです」

    特に目隠しフェンスで高さが必要となると、商品にもよりますが
    ブロック積みの約3倍〜5倍程度コストが掛かってきます。
    だからブロックを高く積もうとする訳です。


    ClipboardImage

    上記の絵のお客様宅はすでに完成しましたが
    このお宅は建築基準ギリギリの10段積み(高さ約2m)
    (単独の壁だと1.2m以下じゃないとダメですよ)
    L型とへの字と控え壁のコラボレーションと「横筋」と言って
    横方向を鉄筋でつなぐことによって一体化させ、強度を出しています。
    この物件に関してもこのお話を何度したことやら・・・・
    もちろんその辺のリスクをご理解していただいた上で
    施工しているわけですが・・・・あんまりやりたくないね(笑)
    正直なところ・・・・(笑)

    最後にですが、ブロックの揺れに関しての動画を
    貼り付けておきますね。
    いかに「控え壁」が重要か!!!ってことがわかるかと思います。

    道の端を歩きなさいって指導されていて
    ブロックが倒壊して下敷きになって亡くなるのなんて
    施工のプロとして・・・本当に心苦しいです。
    怖かっただろうし・・・痛かっただろうし・・・なんの罪もないのに・・・
    心からご冥福を祈るばかりです。

    少しでもこんな事故が減るように、プロとしてできることを
    やらせてもらいますね・・・・。

    それでは、また・・・・・。






    こんばんわ!!!
    京都の造園店グリーンプラスの山口でございます。
    いつもご覧いただきましてありがとうございます。


    いくら文明が進んでも自然の力には本当に無力な人間。。。

    今日は大変な一日でした。。。
    皆様、大丈夫でしたでしょうか?

    ニュースを見ていて、亡くなられてしまった方もおられるようで
    本当に心からご冥福をお祈りいたします。

    大阪府北部を中心にかなりの被害が出た地震でしたが
    僕はこの大阪府北部近くに住んでいるので
    本当にすごい揺れでした。。。

    阪神淡路大震災も経験したのですが、今回の揺れは
    時間は短かったものの、揺れ的には近い感じがありましたね。

    お陰様で地震での被害は我が家にはありませんでしたが
    打合せのスタートが少し遅かったので、たまたま自宅にいました。
    もうすぐ二歳になる娘も理解していないながらも
    本当に怖かったみたいで、僕から離れませんでした。。。

    電話がつながらなかったのもあって、慌てて義理父が車で駆けつけてくれたのですが
    その前に・・・義理父の家・・・かなり深刻な被害にあっていながら
    飛んできてくれました。


    ClipboardImage

    マジでヤバい。。。

    屋根はほぼ半壊。。。
    瓦は全部ずってしまって、アンテナも倒れ
    瓦屋根のリスクは本当に高いなぁ〜と再認識しました。
    実際に屋根の上に何トンという荷重が乗っているので
    耐風力には優れているかもしれないけど
    揺れに対しては、本当に高リスク。。。

    この地域の瓦屋根のお宅はほぼすべて同じ状況です。
    このままでは、雨が家の中にまわってきますね。。。
    梅雨時期なのにどうしましょう。。。。

    玄関扉もずれてしまってビクともしなくなって
    扉を外すだけで本当に一苦労しました。
    建てつけは悪くなったけど、なんとか開閉できるようになったのが
    せめてもの救いです。。。


    ClipboardImage

    家の基礎に乗っている建物も、約3cm左にずれて
    地盤もひどい所では10cm近くも段差が出来ています。

    外壁はモルタルだから、一階部分はほぼすべて浮いてしまって
    触ると剥がれそうな状態。。。。
    残念ながら・・・もう・・・補修できる状態ではありません。
    マジで建て替えた方がいいかもしれないレベル。。。。

    でもそんな状態の中でも、飛んできてくれる義理父には
    本当に感激しました。

    まだまだ予断を許さない状態ですが
    皆様もご安全の確保を第一優先にしてくださいね。

    それでは、また・・・・。


    こんにちは!!!
    京都の造園店、グリーンプラスの山口です!!!
    今日もありがとうございます。

    今日の京都はまたまた雨模様です。
    お昼までは施工にお伺いしていたのですが
    午前中の作業が終了したのと同時に雨が降ってきましたので
    事務所での作業に切り替えました。


    次はウッドデッキなどの天然木の値上げかよーー

    またまた。。。
    前回のコンクリート値上げの記事の数日後に
    あまりうれしくないお便りが届きました。


    ClipboardImage

    えぇ〜〜と、今度はウッドデッキなどの天然木ね。
    このウッドデッキやウッドフェンスなどで使用する
    「ウリン」「セランガンバツ」「イペ」など・・・
    この輸入木材に関しても、毎年・・・高騰しとる。。。

    腐りにくく、虫も付きにくく、耐久年数が高いのはありがたいのですが
    この材木を使いだして、約13年。。。。

    もう・・・ズゥーーーーーーーーーと値段が上がりっぱなし!!!

    価格改正での下げお便りもたまにはほしいですけどね。


    ClipboardImage

    お庭は贅沢品!!??

    ってよく言われるけど、僕はそうとは思わない。。。
    家の中でできることは限られているけど、庭は発想次第で
    様々な体験に変わります。
    僕は庭こそがライフスタイルを創造する場所だと思っています。

    実際に僕の家では、ほぼ毎週BBQをするし
    「ソトゴハン」ってのがあって、夜ご飯を外で食べたりもする。


    ClipboardImage

    これからの時期は子供たちのプール遊びや虫探し
    ハンモックをだしてゆっくりくつろいだり、読書をしたり
    お酒を飲んだり・・・本当に庭での生活を楽しんでいる。

    そんな庭が建築材料の高騰である意味、贅沢品に変わるのは
    悲しいし、提供する僕たちも心苦しいんですよね。


    ClipboardImage

    実際にコスト押さえられるように努力はしているし
    ウッドデッキの組み方だって、必要ないコストがかからないように
    僕が設計した。
    そしてそれをすることによっての、作業費での人件費の削減で
    コストを押さえることに繋がっているの事実。。。。

    ぼく個人的には・・・

    もっともっとお庭のある家。。。
    もっともっと緑のある家。。。
    もっともっと子供たちが遊べる家。。。
    もっともっと早く帰ってきたくなる家。。。。

    僕は庭があることで、沢山の思い出を詰め込んでいってほしいんですよね。
    それは学校の教育では学べない、一つ一つ、一軒一軒ちがった
    潜在的に残る価値だと思っています。

    今日はそんな「天然木の価格改正」って記事。。。
    2018年6月21日からの発注分から少し値上がりとなります。
    ご了承くださいませ〜〜〜〜〜。。。

    それでは、また・・・・・。


    ≪前のページへ || 1 | 2 || 次のページへ≫
    昇順表示 | 降順表示
  • ホーム
  • スタッフブログ

  • 〒617-0002
    京都府向日市寺戸町大牧14-27
    TEL:075-924-0280
    FAX:075-924-0270