グリーンプラス(京都府向日市) スタッフブログページ
向日市を中心とした京都府のエクステリア&ガーデン設計施工は私たちにお任せください。

  • ホーム
  • スタッフブログ
  • <   2019-05   >
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    今日のグリーンプラスウッドデッキ現場リポート料金についてお知らせ保証についてブ前ご質問にお答えします!【Q&Aコーナー】ご契約について山口佳久についてプライベート植物について求人募集営業時間お店紹ビスの違い耐久性腐食穏やかでよい時令和新時代GW休業
    関連画像
    こんにちは!
    京都の造園店、グリーンプラスの山口です。
    いつもありがとうございます。

    昨年末にご契約いただいたT様邸なんですが
    年始にお子さんがお生まれになって、落ち着かれるのを待っていた感じで
    工事自体はつい先日、お伺いさせていただきました。

    建物内を通らせていただかないといけない中庭の工事なので、お客様のタイミングに合わせた工事なんですが。。。やっぱり室内を通らせていただかないといけない物件は気を遣いますよね。。。いくら慣れているからといっても。。。(笑)


    関連画像
    着工前はこんな感じで、掃き出し窓から50cmほど庭部分が低いため
    とっても使いにくいんですよね。
    そして、お客様ご自身もどうしたらいいのかわからないような感じでしたので
    ウッドデッキをお勧めさせていただきました。

    関連画像
    立地にもよりますが、中庭部分は風が通りにくく湿気っぽい現場が多いので
    こんな感じでコケなんかも自生しちゃうんですよね。

    そんな場合は床を上げることによって直接の湿気は改善されるのと、掃き出し窓間での出入りがかなり良くなって、使いていなかった空間も使える空間へと生まれ変わります。

    関連画像
    今回はご予算的なこともあって、背景などの作り込みまではさせて頂いておりませんが、背景やソフトな部分に手を入れてあげると、もっともっと素敵なプライベート空間へと変わります。

    ぼく個人的にはお隣さんのブロックを隠したかったけどね。。。
    また追々ご検討されたらどうかなぁ〜と思います。

    今日はそんな「使いにくい中庭を使える空間へ」という記事でした。
    それでは、また・・・・。


    関連画像
    こんにちは!
    京都の造園店、グリーンプラスの山口です。
    いつもありがとうございます。

    さて先日、ウッドデッキの修繕と剪定作業のご依頼をいただきましたN様邸。
    以前にも剪定時にウッドデッキを部分修繕させていただき
    今回は「もう限界でしょう・・・」ということで部分解体をさせていただきました。

    ウッドデッキ自体は建築時に取付されたそうなのですが、年数が経ち床がバタバタしていたので以前に僕が修繕しておきました。

    それが・・・約6年前・・・

    今回ウッドデッキをバラしてみて大きな差があったのが「ビス」です。
    写真の通りですが、鉄のビスと僕たちがいつも使用しているステンレスのビスには
    ここまで違いがあるんですよね〜。
    プロだったら外なんだからステンレスビスくらい使っとけよ!って心の中で思っています(笑)

    木が腐食していく過程には木を固定しているビスも関係しています。
    サビが出たり、ビスが折れたりと腐食したり固定に影響が出るとウッドデッキ自体の耐久性は悪くなります。

    外構やウッドデッキは当然のことながら、雨風にさらされている状態なので
    こういった細かなところにも気を使いたいものですよね。

    今日はそんなちょっとした「ビス」のお話でした。

    それでは、また・・・・

    こんにちは!!!
    京都の造園店、グリーンプラス山口でございます。
    毎日をありがとうございます。

    おかげ様で忙しい毎日を送っております。
    お盆明けからバタバタとご契約が続き・・・本当にありがとうございます。
    残暑厳しい八月の終わりですが、皆様お身体ご自愛くださいませ。

    さてさて、先日のウッドデッキ工事の続きのお話。。。

    今回のK様邸ですが、以前は2階建てのウッドデッキが組まれていました。
    高低差のある敷地をフルに生かした、本当に素晴らしいウッドデッキでしたが。。。

    残念なことにソフトウッド(耐久年数が短い、柔らかい木材)を使われて
    おられたので、ところどころ補修はされておられましたが
    腐食がひどくて、ウッドデッキの上に乗るのも危険なところも
    あったくらいです。

    そんな素晴らしいウッドデッキでしたが、前回のブログでお伝えさせて
    頂いた通り。。。見事に解体させていただきました。


    ウッドデッキは組み合わせることも可能

    ではでは今回、僕がご提案させていただいたウッドデッキですが
    今回は2階のみのウッドデッキ。。。。


    ClipboardImage

    高低差のことを考えると、土台となる部分はしっかりと作っておきたい。。。
    鉄骨で計算はしたものの・・・・コスト掛かりすぎ!!!
    しかも施工場所が困難すぎて、重量物はかなり厳しかったのが現実です。

    今回のウッドデッキのコンセプトは


    長く、キレイに、手間暇かからず、プライバシーを守る

    が、お客様のコンセプトというより・・・僕のコンセプト(笑)

    しっかりとした土台に、既製品のウッドデッキを組み合わせた
    僕にとっても初めてのウッドデッキの制作でした。

    既製品のウッドデッキは、土台がアルミなのですが
    今回は高さがありすぎるのと、面積が大きすぎて
    「アルミではもたないんじゃないかなぁ〜〜」ってことに・・・・
    アルミは軽くていいのですが、揺れの問題であったり、柱の本数が
    増えすぎるので却下・・・・。


    ClipboardImage

    そこでハードウッドを使った土台をご提案させていただきました。
    その中でも足元をしっかりと固定するためと、材木から出るアクの問題。。。
    万が一の腐食を食い止めるための工夫がコレです。


    ClipboardImage

    根本的に擁壁の上に載っているだけのウッドデッキを
    より強度がでて、長持ちさせるのにはどうしたらいいだろう。。。
    と考えて出た答えが僕の中でこれでした。

    ステンレス製の柱受け金物。。。

    鉄でも特注で作ってもらうことは可能なのですが
    鉄だと塗装もしなくちゃいけなくって、それでもサビてきます。
    あとはコストが「鉄+塗装」となるとぜんぜんコストダウンできないし
    鉄はまた塗装してあげないといけないからね。。。


    さらに敷地を有効に活用するために・・・

    実は今回のK様邸の敷地は擁壁からさらに60cmほど外に
    境界の明示ピンがあります。
    要は擁壁までしか使わなかったら、残りの5屬らいは
    永遠に使われることのない敷地。。。

    そこで今回のウッドデッキは「オーバーハング」といって
    使える敷地よりせり出したウッドデッキに・・・・


    ClipboardImage

    うん・・・うん・・・・苦労した・・・(笑)

    方杖(ほうづえ)っていって、せり出した部分の強度を
    上げるために取り付けましたが・・・・なんか・・・かっこよくなった(笑)

    上の写真の通り、木製の土台にアルミ制の大引きが載っています。
    先ほどもお伝えしたように、既製品のウッドデッキは土台がアルミ製です。
    アルミはとにかく軽いので、土台への負荷も減るはず・・・・ハズ・・・

    大引きに根太、床材と・・・手すり・・・これをハードウッドの木材でやっていたら
    恐らく総重量、3トン近くはなってくるので
    軽量化も考えると、これでよかったと思っております。
    あと、メンテナンスのことも考えたらね。。。。

    さてさて、この続きはまた次回・・・・
    賛否両論はありますが・・・いい感じに仕上がってきています。。。

    それでは、また・・・・・。


    こんにちは!!!
    京都の造園店、グリーンプラスの山口でございます。
    毎日をありがとうございます。

    いやぁ〜〜〜久々の投稿ですね。。。
    サボりすぎ・・・(笑)
    暑いし・・・忙しかった・・・と言い訳をしながら・・・・
    お盆休みはガッツリと子供達と遊んでましたしね・・・
    あぁ〜〜〜楽しかったです(笑)


    この仕事を25年やっていて初めてのウッドデッキだった

    ホームページからお問い合わせを頂戴したお客様宅なのですが
    「ウッドデッキをやり替えたいんですが・・・」とお問い合わせを頂戴致しました。
    現場を拝見させていただくと、今まで見たこともないウッドデッキが・・・・


    ClipboardImage

    これが二階部分の状況ね


    ClipboardImage
    そしてこっちが一階部分の状況

    なんと2階建てのウッドデッキ。。。
    デッキ内に階段が付いていて一階にも降りれる。
    一般住宅では初めて見ましたね。
    高低差を活かした、素晴らしい提案だと僕個人的には思いました。

    だけどね・・・使っている木が・・・ザンネン。。。
    仕事を見せていただいたら大工さんの仕事。
    まぁ〜〜〜この当時で大工さんなら仕方ないかぁ〜〜って感じです。

    もう・・・アチラコチラ腐っていて
    補修を沢山、施してありましたが限界に近い感じでしたね。
    そして高低差もあるから、万が一があれば怪我では済みません。
    デッキ床から擁壁の下まで約6m・・・・僕も怖い(笑)

    そんなこんなで何度かお打ち合わせをさせていただいて、お仕事をさせていただきました。
    まずは・・・解体。。。

    実はここお家の裏庭だから・・・もう・・・解体の木材を出すのがホント大変。

    そして・・・・・・

    暑い!!!!

    さらに・・・・・・

    高い!!!!!
    怖い!!!!!


    ClipboardImage

    落ちたら・・・死ぬな・・・・コレ。。。
    しかも腐ってるし・・・・(笑)

    正直・・・・足場・・・・みといたら良かったかと・・・・
    お客様のご負担が増えるので・・・・削除したんでした。。。。僕が。。。。(笑)

    まぁ〜〜〜そんな中でも事故もなくスッキリ撤去。。。
    ほんと・・・良かったぁ〜〜。


    ClipboardImage
    ClipboardImage

    さぁ〜〜〜これからどうなっていくんでしょうね。
    この続きは次回の記事で・・・・

    それでは、また・・・・・。


    こんにちは!!!
    京都の造園店、グリーンプラスの山口です!!!
    今日もありがとうございます。

    今日の京都はまたまた雨模様です。
    お昼までは施工にお伺いしていたのですが
    午前中の作業が終了したのと同時に雨が降ってきましたので
    事務所での作業に切り替えました。


    次はウッドデッキなどの天然木の値上げかよーー

    またまた。。。
    前回のコンクリート値上げの記事の数日後に
    あまりうれしくないお便りが届きました。


    ClipboardImage

    えぇ〜〜と、今度はウッドデッキなどの天然木ね。
    このウッドデッキやウッドフェンスなどで使用する
    「ウリン」「セランガンバツ」「イペ」など・・・
    この輸入木材に関しても、毎年・・・高騰しとる。。。

    腐りにくく、虫も付きにくく、耐久年数が高いのはありがたいのですが
    この材木を使いだして、約13年。。。。

    もう・・・ズゥーーーーーーーーーと値段が上がりっぱなし!!!

    価格改正での下げお便りもたまにはほしいですけどね。


    ClipboardImage

    お庭は贅沢品!!??

    ってよく言われるけど、僕はそうとは思わない。。。
    家の中でできることは限られているけど、庭は発想次第で
    様々な体験に変わります。
    僕は庭こそがライフスタイルを創造する場所だと思っています。

    実際に僕の家では、ほぼ毎週BBQをするし
    「ソトゴハン」ってのがあって、夜ご飯を外で食べたりもする。


    ClipboardImage

    これからの時期は子供たちのプール遊びや虫探し
    ハンモックをだしてゆっくりくつろいだり、読書をしたり
    お酒を飲んだり・・・本当に庭での生活を楽しんでいる。

    そんな庭が建築材料の高騰である意味、贅沢品に変わるのは
    悲しいし、提供する僕たちも心苦しいんですよね。


    ClipboardImage

    実際にコスト押さえられるように努力はしているし
    ウッドデッキの組み方だって、必要ないコストがかからないように
    僕が設計した。
    そしてそれをすることによっての、作業費での人件費の削減で
    コストを押さえることに繋がっているの事実。。。。

    ぼく個人的には・・・

    もっともっとお庭のある家。。。
    もっともっと緑のある家。。。
    もっともっと子供たちが遊べる家。。。
    もっともっと早く帰ってきたくなる家。。。。

    僕は庭があることで、沢山の思い出を詰め込んでいってほしいんですよね。
    それは学校の教育では学べない、一つ一つ、一軒一軒ちがった
    潜在的に残る価値だと思っています。

    今日はそんな「天然木の価格改正」って記事。。。
    2018年6月21日からの発注分から少し値上がりとなります。
    ご了承くださいませ〜〜〜〜〜。。。

    それでは、また・・・・・。


    こんにちは!
    京都の造園店、グリーンプラスの山口でございます。
    いつもご覧いただきましてありがとうございます。

    今日は2月18日。。。
    ブログ書く時間が後回しになるぅ〜〜
    そんな今日この頃の山口でございます。

    おかげ様で昨年から引き続き、忙しい毎日が続いておりますが
    今月に入り、また沢山のご契約ありがとうございます。
    W様、H様、S様、そして今日はK様、O様と。。。T様は剪定のご依頼もありがとうございます。
    本当にうれしい限りです。
    ありがとうございます!

    GWまで休みがとれそうにない感じになってきておりますが
    順番に着工させていただきますので、着工日までお待ちくださいね。

    さてさて、3月から着工させていただくW様とは別のW様邸の
    工事も着々と進んできております。


    ClipboardImage
    ClipboardImage

    現場を初めて見せていただいた時の裏庭の状況。。。
    僕が見せていただいた限りでは、まったく機能していないお庭って感じでしたね。

    ですが、逆にそれがよかったんですよね。
    中途半端にお金をかけられておられたら、なかなかそれを手放すことができませんからね。
    今回は?も?大胆にご提案させていただいたのですが(笑)
    本当にお客様のご決断に頭が下がります(笑)
    ありがとうございます。

    写真を撮り忘れていたのですが、今回は本当に何もかも無くして
    真っ新の状態にしてからのスタートでしたからね。
    お客様も・・・「こんなに広かったんですね」って。。。


    ClipboardImage

    テラス屋根・物置・エアコンの室外機に至るまで
    全部・・・撤去しましたからね(笑)
    そりゃ〜〜広くなります。

    僕はお庭づくりされる時に一番重要にしているのが「空間創り」
    商品とか色合いとかも大切ですが、まずは空間としてイメージしてもらえるような
    ご提案をさせていただいています。
    それをすることによって「使い方」が広がるし、そして生活をイメージしやすくなる。
    さらに言うと、全体最適しやすくなるんですよね。

    お客様の中で色とかモノに先に焦点を当てられる方を
    よくお見掛けします。
    これが悪いとは言いませんけど、どんなことにも言えることですが、物事を大きく俯瞰してみることが大切です。

    ビジネスでも家庭でも子育てでも、自分自身の人生でも・・・
    その大きな外枠・・・要は方向性が決まっていたら
    変にブレないんですよね。
    そして・・・怒ったり、イライラしたりすることが減るんですよね。

    ん?ちょっと脱線・・・(笑)

    部分最適もいいのですが、やはり全体をご提案するのが僕のお仕事。
    お客様にはご予算的な事もありますが、工事は分割することだって
    ご自分でできることだってあります。
    僕はそう思っています。

    そんなW様邸・・・いい所まで出来上がってきました。


    ClipboardImage

    今まで土だった地面を味のある床に・・・・


    ClipboardImage

    今回はアンティークレンガのジャンク品といったら言い方が悪いのですが(笑)
    不揃いのレンガを組み合わせて敷きつめました。
    目地は白いセメントを使い古びた感じを再現。。。

    とにかく施工が楽しいんですよね。
    「このまま完成がこなかったらいいのになぁ〜〜」って思うくらい
    作のが本当に楽しい。
    経営者としたら失格ですが(笑)
    僕は誰にもやらされているわけではないので、本当に心から楽しんでいます。
    小さな小さな会社だけど、僕はこのままでいいし
    大きくしてガンジがらめになるのもヤダ(笑)
    お客様といっしょに進めながら、楽しく施工をするくらいがちょうど
    僕には向いているかもしれませんね〜〜

    さぁ〜〜あとは植栽と細かい所を詰めて行こうって感じです。
    今日はそんな「お庭づくりは空間を創るイメージのほうがうまくいく」ってお話でしたが
    僕の想いの方が強い内容でした(笑)
    ごめんなさい。。。。



    それでは、また・・・・・。


    こんばんは!!!
    京都の造園店、グリーンプラスの山口でございます。
    いつもご覧いただきましてありがとうございます。

    2018年がスタートしてから、早くも一ヵ月が過ぎてしまいました。
    今日が2月1日。。。ウソみたいに早い(笑)

    今年に入ってから、本当にたくさんのお問い合わせをいただき
    心から嬉しい限りです。
    お正月休みから、無休の状態が続いておりますが
    本当に数え切れないほどのお客様と出会い、忙しい日々が続いていますね。
    ありがとうございます!!!

    さて、今年一発目のY様邸の工事は寒い日や雪が続いており
    もう一歩で完成ってところまで来ています。

    そんな着工日から派手に解体させて頂いたのがコレ。。。


    ClipboardImage

    いやぁ〜〜〜キテマスネぇ〜〜〜
    杉とヒノキを使ったウッドデッキでしたが、見事に朽ち果ててましたね。
    シロアリが建物にまで影響してなかったらいいのですがね・・・


    ClipboardImage

    コンクリートの上でもこんなことになってますからね・・・

    これだけネット環境が整った今でも
    お客様からよく聞かれるんですよね。。。

    「本物の木のウッドデッキって腐らないんですか?」

    はい。。。腐ります(笑)
    はい。。。。コレは。。。マジで。。。。(笑)

    ヒノキや杉、レッドシダーやホームセンターで安価で手に入るSPF材
    これはほんとに腐りますから、お金のムダです(笑)
    メンテナンスのランニングコストも掛かる上に、数年後は全やり替え。。。
    初期費用が少し安いだけで、逆にあとからお高くつく。。。

    僕は今まで本当にたくさん見てきただけに
    その時の予算が足りなかったら、ソフトウッドで作る少しだけ安価な
    ウッドデッキは手を出さないでほしいですね。
    お金を貯めてください(笑)

    じゃあ、レッドシダーなどのソフトウッドっとウリン材などのハードウッドと
    どのくらい費用が違うかと言うと、そんなに変わらないんですよね。
    確かに少しコストアップしますが、塗装などの毎年のメンテナンス費を考えると
    デッキサイズにもよりますが、2.3年で元が取れます。


    ClipboardImage

    今回のデッキは以前より少しサイズダウン。。。
    これは費用の問題じゃなく、以前の工務店さんのプラン通りに作ってもらって
    実際に10年近く使ったけど、意外に使わなかった(笑)
    ということで、全体を広く、明るくするために僕がご提案させて頂いた内容となっております。

    実は同じサイズでデッキを作るよりも、コストが1.5倍・・・掛かっているぅーーーーーー
    まさか。。。こっちのプランを選ばれるとは思っていなかった(笑)


    ClipboardImage

    「木は腐る」ってのは本当ですが
    それは、材質にヨリケリ・・・です。

    耐久年数の高いハードウッドは、ウッドデッキが腐る前に
    家を改修しないといけないレベル(笑)
    僕も13年程、この材料使っていますが未だに「腐ったやろ!!」って
    お問い合わせありませんからね(笑)

    13年となると、家でいったら外壁の総やり替えの時期を越してますからね。。。
    木は腐るんじゃなく、どれを選ぶかなんですよねぇ〜〜〜

    今日はそんな「腐る?ウッドデッキ」ってお話でした。
    それでは、また・・・・・。


    ≪前のページへ || 1 || 次のページへ≫
    昇順表示 | 降順表示
  • ホーム
  • スタッフブログ
  • 〒617-0002
    京都府向日市寺戸町大牧14-27
    TEL:075-924-0280
    FAX:075-924-0270